エアレーションとスクラバーで環境改善。アイエンスは排水処理・循環水処理・排ガス処理の技術で各種工場を支えます。

環境改善システムのアイエンス

散気管による循環水処理システム

特殊エアレーションとバイオの最強コンビネーションで、
循環水のさまざまな悩みを解消します。

散気管スラッジイーター 水深が浅い場合

散気管スラッジイーター 水深が浅い場合
  1. エジェクター効果でエアーを自動給気します
  2. ポンプから水を噴射します
  3. 特殊フィンで空気と水を混合し、旋回流を起こします
  4. 特殊フィンの突起に空気がぶつかり、微細気泡が発生します

散気管スラッジイーター 水深が浅い場合

散気管アクアブラスター 水深が深い場合
  1. ブロアから送られてきた空気をノズルから噴射します
  2. 内部の特殊フィンに空気がぶつかり、微細気泡と旋回流が発生します
  3. エアリフト効果が発生し、底の水と汚泥を巻き上げます
  4. アクアブラスター内の特殊フィンによってスラッジが細かく粉砕されます
  5. 下降流が発生し、槽の隅や底部にまで微細気泡が行き渡ります
  6. 槽内に酸素を行き渡らすことで微生物を活性化

散気管スラッジイーターの処理能力が高い理由 水深の浅い水槽でも、常に高い酸素濃度を確保することで、微生物の代謝効果を高めるからです。

悪臭が出る = 『微生物の代謝効率が悪い』ということです。

※生物学からするとごく単純なことなのですが、何故かできている設備が見当たりません。

[ 悪臭と処理のメカニズム ]

1. 好気呼吸

1. 好気呼吸

水中に有機物が入ると微生物が活発に分解をはじめます。ただ、その際には大量の酸素を消費します。

処理良好

2. 嫌気呼吸

2. 2. 嫌気呼吸

急激に酸素を消費すると「酸欠」に陥り、硫酸イオンなどで呼吸を始めます。これを「嫌気呼吸」といい、副生成分として硫化水素等を生成します。

処理不良

3. 嫌気発酵

3. 嫌気発酵

さらに硫酸イオンも消費すると「嫌気発酵」となり酢酸、酪酸、プロピオン酸などの腐敗ガスを発生させます。

処理不良

4. 好気呼吸

4. 好気呼吸

散気管 アクアブラスターで微生物に「好気呼吸」を行わせることで腐敗させずに効率よく処理が行えます。

処理良好

カス池に散気管アクアブラスターを設置してエアレーションとバイオ投入だけで このような塗料カスが減容され粘性もなくなりました

関連製品一覧

排水・循環水・排ガス処理などお気軽にご相談ください。

アイエンスへのお問合せはこちら
東京
03-6869-9189
大阪
06-6225-2323

[受付時間] 平日9:00~17:30

ページトップ