エアレーションとスクラバーで環境改善。排気処理・排水処理・循環水処理の技術で各種工場を支えます

会社概要

発ガン性物質 ホルムアルデヒドガスの除去について

gu

『発がん性がある』に分類

(WHO)に属する、国際がん研究機構(IARC)において、「ホルムアルデヒド」が、グループ2Aから、「アスベスト、カドミウム」と同レベルであるグループ1の『発がん性がある』に分類されました。

分類 評価
1 ヒトに対して発がん性がある
carcinogenic to humans
コールタール、アスベスト、 噛みタバコ、カドミウム、ホルムアルデヒドなど
2A ヒトに対しておそらく発がん性がある
probably carcinogenic to humans
アクリルアミド、ベンツピレン(魚の焦げ)、 クレオソト(木材の防腐剤)、ディーゼルエンジンの排ガスなど
2B ヒトに対して発がん性を示す可能性がある
possibly carcinogenic to humans
カフェイン、お茶、コレステロール等
3 ヒトに対する発がん性については分類できない
not classifiable as to its carcinogenicity to humans
クロロホルム、わらび、コーヒーなど
4 ヒトに対しておそらく発がん性がない
probably not carcinogenic to humans
カプロラクタム(ナイロンの原料)など

空気中のホルムアルデヒド濃度と症状

濃度(ppm) 症状
0.8 臭気を感じる。
2.0~3.0
眼・鼻・のどに軽い刺激を感じる。3時間くらい耐えられる。
5.0 のどに刺激を感じ、軽い流涙。10~30分くらい耐えられる。
15.0 咳が出る。
20.0 呼吸道の深部に刺激を感じ、呼吸困難になる場合がある。
多田治「労働科学叢書25」労働科学研究所による

主な発生場所

業種 工程
塗装 自動車工業(車体・パーツ) 塗装焼き付け乾燥処理排気ガス
輸送用機械器具製造
スチール家具
電気機械器具
農業用機械器具
化学工場 接着剤調合・ボイラ燃焼
衣料繊維工場 仕上熱処理
ガラス繊維工場 集綿機排気
鋳物工場 シェルマシン・注湯・型ばらし
印刷工場 グラビアコーディング触媒酸化処理

某塗装乾燥炉の場合

臭気の種類 : 塗装乾燥炉排気ガス
塗装乾燥炉排気ガス処理風量: 7,200m³/hr
ガス温度: 60~80℃

設備の概要

ホルムアルデヒド処理性能

導入時 1ヵ月後 2ヵ月後 4ヵ月後
原臭濃度 350 250 300 250
処理濃度 1 2 2 1

原臭・処理ガスを装置出入口で測定

測定

循環水質の推移

1ヵ月後 2ヵ月後 3ヵ月後 4ヵ月後 5ヵ月後
BOD 990 1050 1100 780 870
COD 740 720 680 870 980
SS 9 35 51 42 36
N-Hex 18 22 25 37 57
(単位:mg/L)

原臭・処理ガスを装置出入口で測定

測定

アイエンスの製品

ページトップ