エアレーションとスクラバーで環境改善。排気処理・排水処理・循環水処理の技術で各種工場を支えます

会社概要

建機塗装工場のスクラバー デオライザー導入実績

建機塗装工場の脱臭機にスクラバー デオライザーを導入しました。

業種 重機塗装
対象物質 ホルムアルデヒド(塗装乾燥炉臭)
機種 デオライザー DR-9
処理風量 120m³/min
設備の概要

塗装乾燥炉の排ガスにはホルムアルデヒド・ヤニ・タールなどが含まれ、刺激のある悪臭に対して近隣苦情が絶えませんでした。また工場内は脱臭機を設置するスペースが狭かったため導入が困難と思われていましたが、スクラバー デオライザーは狭小スペースにも設置できるコンパクト設計なので採用に至りました。

ガス濃度データ
  導入前 一ヵ月後 二ヵ月後 四ヵ月後
原臭濃度 350 250 300 250
処理濃度 1 2 2 1
ガス定量分析実測データ ppm
物質/計量指標 原臭 1次処理 2次処理
ホルムアルデヒド 400 2 -
循環水質データ mg/L
  一ヵ月後 二ヵ月後 四ヵ月後
BOD 990 1,050 780
COD 740 720 870
SS 9 35 42
N-Hex 18 22 37

デオライザー内の循環水については、CODとBODの値が逆転する前の3ヵ月後が、適切な交換時期といえます。

デオライザーでの一次処理後は2ppmとなり、二次処理装置を設置することなく排気できる程度まで改善され、近隣苦情は全く無くなりました。 またシャワーで臭気成分をキャッチした水はホルマリンとなりますが、アクアブラスターによるエアレーションがの好気分解を促進するため、循環水として再利用可能です。さらにヤニ・タール物質も分解されるのでピット内壁面への付着なども見られず、ランニングコストを抑えることができ非常に喜ばれております。

現場写真

現場写真

ページトップ