エアレーションとスクラバーで環境改善。排気処理・排水処理・循環水処理の技術で各種工場を支えます

会社概要

バス整備工場に散気管 アクアブラスターを導入

バス整備工場

散気管 アクアブラスターASシリーズ散気管 アクアブラスターALシリーズ

2008年にバスの操車場(いわゆる整備・洗車工場)に上記システムを導入。導入前には大量の油泥が発生していたが、既設の水槽に散気管 アクアブラスターを設置し、エアレーションを行ったところ6分の1にまで発生を抑えることに成功。油泥は産廃で燃焼処理されていたことから、間接的にCO2発生量も6分の1までカット。
電気消費量と散気管 アクアブラスターのメンテナンス費が増えたものの、汚泥回収費用(清掃費用)が大幅にカットでき、年間220万円のコストダウンになりました。

CO2削減量

大阪府 バス操車場

アイエンスの製品

ページトップ