お問い合わせ
お問い合わせ・ご相談
排水処理の悩み解決事例
新設 2018-08

大阪府惣菜工場の排水処理場改善②

処理安定 電気代削減 汚泥減容 悪臭軽減
生産物
煮豆・昆布豆・野菜豆を含む総菜
課題
調整槽の硫化水素ゼロ化
解決策
アクアブラスターAS-250を設置及び汚泥返送
調整槽の硫化水素ゼロ化

コメント

近隣対策のため、調整槽から発生する硫化水素等の悪臭を除去すべく、アクアブラスターAS-250を63本設置。

設置後、沈殿槽から調整槽に汚泥返送を行ったところ、余剰汚泥(約5.1t/月)が発生しなくなり、電気代も10%ほどの削減となった。

担当者様からは、『脱水機の管理が不要になったことが、1日2時間程度の測定作業だけで、作業時間が1/6となり、とても助かっている。』と仰って頂いている。

調整槽でのBODカット率は、高負荷排水流入時で、平均38.9%、通常時では、61.4%のカット率となっており、後段曝気槽の負荷を低減させている。

排水処理製品を詳しく見る

水処理概念を変えたエアレーション散気装置 散気管 アクアブラスター
幅広い分野の排水処理に対応。水処理の常識を覆した特殊散気管
お問い合わせ
お問い合わせ