散気管とスクラバー(脱臭装置)で環境改善。アイエンスは排水処理・循環水処理・排ガス処理の技術で各種工場を支えます。

環境改善システムのアイエンス

アイエンスの100%気液接触可能な湿式スクラバーと乾式スクラバーの構造・仕組みを分かりやすく解説

工場などの排ガスから粉塵や汚染物質などを取り除くスクラバーには、湿式と乾式の2種類があります。

今回は、100%気液接触を実現した「デオライザー」に代表される湿式スクラバーと乾式スクラバーの構造と仕組みの違いを詳しく解説します。どちらの方式の排気処理装置を採用するかお悩みの方は、この記事を読めばどちらが適しているかが分かるでしょう。

スクラバー(脱臭装置)とは

スクラバーとは、工場などから出る排ガスから、粉塵や汚染物質などを除去するための排ガス処理装置です。塔のように細長い筒状の装置であることが多いため、「洗浄塔」とも呼ばれます。

化学工場や食品工場、実験室などから出た処理ガスや排ガスなどには、臭気物質や汚染物質、有毒ガスなどが含まれていることがあります。そのような汚染物質を、そのまま外部に放出するわけにはいきません。悪臭や汚染物質で近隣住民に迷惑をかけてしまうのはもちろん、大気の汚染にもつながり、環境的にも問題です。

そこでスクラバーを導入すれば、排ガスを処理して多くの汚染物質を取り除き、放出できるようになります。

スクラバーには、湿式洗浄塔と乾式洗浄塔の2種類があります。湿式は水や薬液を噴射し、そこに排ガスを通すことで汚染物質を除去します。乾式は、高い吸着性のある活性炭やフィルターなどに排ガスを通過させて、処理します。

どちらもメリットやデメリットがあるので、適したタイプや規模のスクラバーを選ぶ必要があるでしょう。

湿式スクラバーの構造と仕組み

ここでは、湿式スクラバーの構造と排ガスを処理する仕組みについて解説します。

湿式スクラバーの構造

湿式スクラバーには、充填塔式と無充填塔式があります。充填塔式は塔の内部に何層かの充填材が敷き詰められ、その上からシャワーをかける構造です。排気ファンで排ガスを塔の内部に通して、充填材を通過させます。。100%気液接触を実現したアイエンスのスクラバー「デオライザー」は、この種類に属します。

無充填塔式は、充填材を用いず、排ガスと洗浄液を気液接触させる構造です。排ガスをブロワーで内部に取り込み、水と接触させます。そして臭気やホコリが取り除かれてきれいになったガスを、外部に放出する構造となっています。

湿式スクラバーの排ガスを処理する仕組み

湿式スクラバーは、塔内に排気ガスを通すことで汚染物質を取り除き、きれいになったガスを排出する仕組みです。

充填塔式と無充填塔式の、それぞれの仕組みについてご説明します。

充填塔式スクラバーは、内部に排気ガスを取り込み充填剤と水を通過させることで排ガスを処理します。汚染物質は水で洗い流され、排ガスが浄化されます。

アイエンスの「デオライザー」は、特殊濾材にシャワーで水を張ることで目詰まりを防ぐ仕組みになっています。一般的なスクラバーでは樹脂製や塩ビ製の充填剤が使用されることが多いですが、アクアブラスターは熱ガスにも対応できる充填剤を使用しています。、「デオライザー」は熱ガスにも対応できる特殊スクリーンを採用し、水膜を形成することで気液接触効率100%を実現しています。さらに、カートリッジ式なので交換が容易です。

また、「アクアブラスター」を搭載し循環水を長持ちさせるという、他社製品にはない機能も搭載しています。

無充填塔式スクラバーでは、排ガスと水や薬液を混合して汚染物質を取り除きます。汚染物質を水で洗い流すことで排ガスを浄化します。

アイエンスのコンパクトな排ガス処理装置「デオブラスター」は、内臓の「アクアブラスター」で、排ガスと水を激しく接触させて確実に捕捉します。特に高濃度の臭気ガスの処理に適したスクラバーです。

排ガスの特性によっては、PH自動制御や薬注機能をオプションで付けることで中和脱臭も可能です。

乾式スクラバーの構造と仕組み

次に、乾式スクラバーの構造と、排ガスを処理する仕組みについて解説します。

乾式スクラバーの構造

乾式スクラバーには、活性炭などの吸着剤のフィルターがカートリッジ式になっているタイプがあり、排ガスを吸着材フィルターに通す構造になっています。

酸性ガス用、中性ガス用、塩基性ガス用があり、処理したい排ガスの種類によって、フィルターを選ぶことが可能です。

化学工場や食品工場、実験室、飲食店など、処理する排ガスのタイプはさまざまですので、排ガスのタイプに合ったフィルターを選ぶ必要があるでしょう。フィルターがカートリッジ式になっているタイプの場合、交換が容易です。

乾式スクラバーの排ガスを処理する仕組み

乾式スクラバーは、排ガスを活性炭などの吸着剤フィルターに通すことで、吸着剤に汚染物質を吸着させて排ガスを処理します。フィルターに汚染物質が溜まると排ガス処理の性能が落ちるので、定期的に取り換える必要があります。

乾式スクラバーは、水に溶けにくいガスや臭気ガスなどに有効です。また、処理したいガスに合わせて対応した吸着剤を選べるので、適切に汚染物質を除去することが可能です。

まとめ

今回は、湿式と乾式2種類のスクラバーについて解説しました。

湿式の場合、排ガスを気液接触させたり吸着材を通したりして汚染物質を取り除きます。。なかでも100%気液接触を実現し た「デオライザー」は、幅広い分野の工場で実績を重ねています。一方、乾式の場合は、排ガスに適した吸着剤のフィルターを選び、排気をフィルターに通すことで処理する仕組みです。

どちらもメリットとデメリットがありますので、適した種類やタイプを選ぶようにしましょう。

製品を詳しく見る

100%気液接触を実現したスクラバー(脱臭装置) デオライザー
集塵、脱臭、スラッジ処理の三拍子揃ったスクラバー(脱臭装置)

その他の排ガス処理記事を読む

排水・循環水・排ガス処理などお気軽にご相談ください。

アイエンスへのお問合せはこちら
東京
03-6869-9189
大阪
06-6225-2323

[受付時間] 平日9:00~17:15